「げんこつやまのたぬきさん」、「いとまきのうた」、「おべんとうばこのうた」などの作詞の経緯について

※この項目は、香山美子、小森音楽事務所、信託社各社、JASRACへの聞き取りなどを元に、著作権事務担当者からお知らせいたします。

 香山美子作詞・小森昭宏作曲となっている、以下の作品については、香山美子が補作詞してレコード化(CDその他も含む)されてきたものです。
 ところが、問題なのは楽曲として登録する際に、全て「新曲」(パブリック・ドメイン部分が存在しない詞曲)として登録されたもので、その後の混乱の元にもなっているようです。

●げんこつやまのたぬきさん

●おべんとうばこのうた

●いとまきのうた

●おおきなくりの木のしたで(レコードの表記に準ずる)

 これらの作品は、もともとコロムビアレコード社(当時)から、「わらべうた部分だけでは、尺が短すぎてレコードにならないので、そのあとの部分を作詞してもらえないか」という依頼を受け、当時のプロデューサーさんや、作曲の小森昭宏先生とともに制作したものです。
 しかし、時間の経過とともに、そのような経緯を知る人も、亡くなったり、退社されたりしたため、最近に至り著作権信託社も事情がわからなくなり、混乱や補作詞部著作権の無断利用が発生することになりました。

 しかし、その後詳細な調査を行った結果、ひとまず「いとまきのうた」については、下記のことが判明しましたので、今後の処理についてお知らせ致します。
 JASRACに作品届が出されているが、これは「テレビ朝日ミュージック」社からのものであり、それには、「全体が新規作詞・新規作曲」(つまりPD部分無し)として届け出されています。しかし、「注釈」が同時に書かれており、それには、「冒頭から4小節は外国曲」と記載されていることが判明しました。

 これは、
「いーとまきまき、いーとまきまき ひいてひいて トントントン」から、「こびとさんのおうちは ゆめのくに」
…という歌詞全体が香山美子が著作権を有するが、「冒頭から4小節は外国曲」という注釈があるので、1番の頭から4小節については権利を行使しない、という意味です。
 これは、JASRACと信託社である「テレビ朝日ミュージック」の詞曲ともに共通する認識になっており、作詞に関してと作曲に関してで著作権の行使される範囲が異なるなどということはありません。
 また、契約書上も補作詞については触れられていないので、契約書からは全体が新規作詞・新規作曲であるという契約内容しか読み取れませんでした。

 それでは、「4小節目」とはどこなのか、ということですが、「採譜の仕方により異なる」等とJASRACは説明するものの、今回の調査により、「いーとまきまき、いーとまきまき ひいてひいて トントントン」までであることが明確となりました。
 よって、詞曲全体(冒頭の「いーとまきまき〜トントントン」までも含む)に香山と小森昭宏先生の著作権は及ぶものの、冒頭から4小節分の「いーとまきまき…トントントン」までは、著作権を行使しない、つまり「PDに準ずる」箇所となっていることが判明しましたので、その旨お知らせします。
 具体的には、下記のレコードに示された歌詞の、「赤で囲った部分」には権利を行使しない、ということになります。他の部分につきましては、詞に関して香山美子の、曲に関して小森昭宏先生の著作権処理が必要な部分ということです。

いとまきのうた歌詞部分の画像

 本曲に関して、一部のサイトでは「作者不詳」としていたり、また「デンマーク民謡」などする一方、歌詞は香山作詞歌詞を載せている例もありますが、それらは全て「間違った情報を掲載」していることになります。順次訂正をお願いします。また、掲載自体が「商用利用」になっているサイトについては、今後何らかのアクションを取らざるを得ませんのでご了解下さい。

 したがいまして、とりあえず「いとまきのうた」(別な曲名に変換している場合も含む)を、楽曲として利用する、詞を何かのメディアに掲載する、演奏する、その他利用する場合には、著作権法が定める特例を除き、所定の著作権処理が必要となります。テレビ朝日ミュージック宛てに著作権の利用申請をして下さい。また、替え歌にしてCMに利用する場合等は、テレビ朝日ミュージックを通じて香山美子宛に許諾申請をしていただく必要があります(著作者人格権に基づく)。

付記:本ページは、現在の楽曲登録、および管理から見た権利が及ぶ範囲が確定したという事実をお伝えしているに過ぎません。著作財産権の帰属は、楽曲の場合それを管理する会社や法人に登録された内容、及び管理信託をしている場合はその管理者との契約内容をもって確定させることになり、契約である以上、著作者側であってもそれらに依拠するしかありません。
 

2022年4月6日著作権事務担当者調査・記載。2022年4月9日追記

戻る